日産フェアレディZ Z31のスペック、チューニング、メンテナンスの紹介。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛車のフェアレディZ31ブレーキフルード、そろそろ汚れてきたので取り替えてもらおうと近所のカー用品店に持ち込みました。最近、ブレーキの効きも甘くなってきたし、フルード交換すれば少しは良くなるかなと思っていたのですが・・・。

カー用品店の作業員の方から、「ブレーキキャリパーのフルードを抜くドレンボルトが固着しててとれません。無理やりやって折れても代えがないので・・・。」と言われ、その日は何もせず帰ることに。
家に着き、ネットでZ31ブレーキについて調べていると日産純正の4ポットキャリパーなんかを流用しているケースが多く、ブレーキ強化にもなるし、これだ!と思い、早速、ヤフーオークションでR32タイプMのキャリパーを落札。

後々のことを考えて(勢いもあり)、フロントの4ポットキャリパーとリア用の2ポットキャリパー両方落札!

落札してから知ったのですが、リアは少しめんどくさいらしく、サイドブレーキワイヤーやらの加工が必要で、実際に私のZ31に装着されるのには時間がかかりそうです。

ヤフーオークションでゲットしたので、当然中古のキャリパーです。なので、まず、キャリパーのオーバーホールをすることにしました。

日産部品共販で4ポットキャリパー用のオーバーホールキットが売っています。GTR用とタイプM用は別だった気がします。

中身はシール類やブーツ、専用グリスが入っていて、ピストンは別なので購入せず、中古のキャリパーのをそのまま使うことにしました。

ブレーキキャリパーのオーバーホールで一番のネックになるのが、ピストンを引き抜く作業。コンプレッサーがないと出来ません。試しに人力で引き抜こうとしましたが、絶対不可能です。(当たり前か^^;)

まず、ブレーキパッドを外し、キャリパー内のフルードは全部抜き、ブレーキホースなどバラせるものはバラし、キャリバー本体もボルトを外すと2つに分解出来るので分解し、ピストンを抜き取る作業に入ります。

フルードが通る穴に、コンプレッサーから空気を送り込み、その圧力でピストンを押し出します。勢い良くピストンが飛び出すので、その際、ピストンを傷つけないよう気をつけなければいけません。

フロント8個、リア4個、計12個のピストンを外す作業は、結構大変でした。素人なので、最初はコツがわからず、空気が漏れたりして上手く圧がかからなかったりで・・・。プロに言わせれば大したことことはないんでしょうけど。何事も経験ですね。

これでキャリパー全部の分解が終了したので、各部の洗浄に入ります。ネットとかだとガソリンで洗浄したりしてる人もいたのですが、食器用洗剤でも大丈夫とのことだったので、手軽な後者を使用し、使い古しの歯ブラシなどで細かいところもゴシゴシ。その後、ブレーキクリーナーでさらに洗浄し、完全に乾かします。フルードラインに水が残りやすいので注意が必要です。

あとは、オーバーホールキットのシールやブーツに交換し、ピストンにはグリスを塗ってから元通りに組み上げます。私は組み上げる前に、キャリパー本体が中古だった為、見た目がボロかったので再塗装してあげました。耐熱のブラックスプレーを吹いただけですが。思ったよりつやが出なかったのが残念でした。色の選択を間違えたのか・・・でも、耐熱のブラックは私が購入した1種類だけだったと・・・よくブレンボなどで見かけるツヤツヤのブラックにしたかったのですが、つや消しブラックの地味地味仕様になってしまいました。^^;

ブレーキは命に関わる大切な部位ですので、組み付けはと動作チェックはプロにお願いしようと思っています。

私のZ31は後期のZR-2なので、日産純正4ポットキャリパーを流用するには、ハブの加工、またはZ31後期の300ZXのハブの流用などが必要です。300ZXのハブならボルトオンで流用可能とのことです。

Z31への組み付けは、まだ目処がたっていないので、ブレーキキャリパーはそのまま物置に保管してあります。

 

フェアレディZ31 ブレーキ強化への道 その2へ続く

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。